Memorandum and Diary

2017年はザコい英語力・カスい筋力をどうにかする

google apps script + slack api 【001】 まず初POST

slack apiを使用したいことがあり,少しずつやる.まずとりあえず初ポスト.

1.google apps script プロジェクト新規作成
2.google apps script にSlackApiライブラリを導入

SlackApiライブラリキー:M3W5Ut3Q39AaIwLquryEPMwV62A3znfOO

ライブラリの導入の仕方は以下の記事.

thetree.hatenadiary.jp

3.Slack API Tokenの取得

Token は正式なものとTest Tokenと二種類あるそう.正式なものはwebアプリなどを登録してOAuth2という認証をきちんと行うもの.

とてもつまずいたので今回はひとまずTest Tokenを使用.Test Tokenは,あるチームのあるアカウント,に対して発行するような形.仕様が最近変化したりしてるぽくてネットでやり方を調べたりするとみんなのやり方がずれたりしてる.

api.slack.com

自分がやったときはここで発行.

4.初POST
function postSlackMessage() {
  var token = PropertiesService.getScriptProperties().getProperty('SLACK_ACCESS_TOKEN');
 
  var slackApp = SlackApp.create(token); //SlackApp インスタンスの取得
 
  var options = {
    channelId: "#general", //チャンネル名
    userName: "TheTree", //投稿するbotの名前
    message: "初POST!" //投稿するメッセージ
  };
 
  slackApp.postMessage(options.channelId, options.message, {username: options.userName});
}
  • 取得したTest TokenはSLACK_ACCESS_TOKENとしてスクリプトのプロパティに登録しておいた.

以下の記事参照.

thetree.hatenadiary.jp

  • 実行する際にgoogleアカウントでの承認必要なので承認.
5.できた!

f:id:TheTree:20170305182014p:plain

ふつうにうれしい.

参考

初心者がGASでSlack Botをつくってみた - CAMPHOR- Tech Blog