読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Memorandum and Diary

2017年はザコい英語力・カスい筋力をどうにかする

git リモートの更新を取ってくる

git fetch

リモートのmasterをローカルにあるorigin/master(リモート追跡用のブランチ)に持ってくる.

git merge origin/master

今いるブランチにorigin/masterをマージ.なのでgit checkout masterしてから使用

git rebase master

今いるブランチにmasterをリベースマージ.なのでgit checkout [作業ブランチ]してから利用


以下,pull使うと簡単にできるよというもの

git pull origin master

git pull [リモートのURL] [ブランチ]で,[ブランチ]のところは(リモートのブランチ):(ローカルのブランチ)の書き方.名前が同じ時は一括で指定可能.

git fetchからのmasterブランチ上で,git merge origin/masterとするのと同じ.

git pull --rebase origin master

git fetchからのmasterブランチ上で,git rebase origin/masterとするのと同じ(と言われるが実際には追跡用ブランチが反映されない).

masterをリモートに揃えるようにしてるのであまり自分としては変わらんけど.

git branch

でブランチ一覧が見れるが追跡用ブランチも見るには

git branch -a